なんで結婚したのか
どうして結婚できるんだろうと言うのが、二十歳を過ぎてからの私の思いでした。付き合う男が年上が多いせいなのかプロポーズされる機会もあり、その度に考えてしまっていました。。好きで付き合っていたはずなのにいざ結婚という二文字が目の前に出てくるとどうしても逃げ出したくなってしまうのです!楽しいうれしいの目先の付き合いから、その言葉で一変、自分の将来を巻き込む大問題に発展(もちろん、先をちゃんと考えて、そして見据えて付き合っている方も多々居ると思うのですが、私の場合、まだ憧れは在ってもそれがちゃんと地面に着いていなくフワフワ浮かんでいる状態で中途半端だったのかもしれません)もちろんそうなってしまうと付き合いが長く続くはずも無く終わりを迎えてしまいます。

昔から結婚はギャンブルに似ているなぁ~なんて呑気な事を考えていた私ですが、その頃の私の状態はそれ以前の問題でした。結婚=自分という図式が現実的に思えなく、またどうしてそうなのか自分でも理由など整理がつかないまま漠然と「このままではきっと私は結婚出来ないだろう」という風に思っていました。(笑)



余談ですが、真剣にそう思っていた私は「でも老後一人は寂しい」と自分勝手ですが弟に「老後は居候で宜しく!」(かなり迷惑)と言っていました(笑)



友人や職場の人に聞いてみました。男の既婚者の多くは「付き合っているうちに自然にこいつとやって行こうと思った」などから、年齢や責任的な発言を聞きましたが、私が女のせいなのかイマイチ良くわからなく、女の既婚者からは「勢いが必要!」が多い意見でした(でもコレが一番なるほどとも思った)独身の友人には妥協も必要なのではと言われたのですが、この妥協という言葉が頭の中をグルグル回ってしまい、丁度その頃、以前付き合っていた(??)友人から結婚しないかという話をされ、もう頭の中は「妥協?」「妥協しかないの?」という感じで、きっと彼と結婚してもうまくやっていけるけど私が求めている結婚じゃない。。結婚って!結婚って!と訳分らなくなっていました。



今思えば、なぜそんなに結論を早く求めていたのか、もしくはあせっていたのか不思議に思いますが。



それから少しして、何かしたい!という訳の分らない衝動に駆られるようになり、もちろん職場には満足していたし、友人と遊びに行くのも楽しく充実した生活を送っていた訳ですが、これは元来の私の性格のせいなのか、思い立ったら行動してみよう!ということで考えた挙句アメリカに決定(なぜアメリカだったのかと聞かれると未だによく分らない)丁度友人がカルフォルニアに留学していたのでそこに2,3日泊めてもらいレンタカーでもして色々回ってみようかな~なんてお気落な考え、観光ビザでmax3ヶ月という事だったので「滞在も3ヶ月に決定!」と適当(笑)

もちろん会社は辞める覚悟の決断でしたが(3ヶ月も休ませてくれる会社なんて聞いた事が無いです(笑))周りのススメや私もこの会社が気に入っていたということもあり結局3週間の休暇を貰う形になりました。帰ってきてまた行きたいなど思ったらその時にまた考えれば良いからとりあえず行って見よう!と、、



この何気ない決断が後々考えると私の人生を大きく変えるポイントになるなんて全く思いもしませんでした。



LAXの空港に着き大きく深呼吸してみると、ただそれだけの事なのにまるでつき物が落ちたように晴れ晴れとした気持ちになりました。到着したばかりだというのに「来て良かった!」と(二回目の渡米だった私ですが始めていった時とはまるで違う感覚でした)

宿も決めず、レンタカーを借りていたわけでもなく、どう3週間を過ごすかさえ決めていなかった私を、半ば呆れ顔で友人は迎えてくれました(笑)色々と書きたいのですがアメリカの旅行云々は又の機会に書く事にしたいと思います。



アメリカに着いて2日目友人の日本人の友達の誕生日会があるから一緒に行って見ない?と言う誘いに乗って参加してみる事にしましたが、とてもつまらないと言うか、もの悲しい気持ちになってしまいました。ホームパーティーという事でしたが一歩部屋に入ってみると、そこには日本人4人!(ジャパニーズアメリカンが居たわけではなく、正真正銘日本人オンリーでした)しかもついているTVからは「サラリーマン金太郎」のビデオが日本語で流れているではないですか!別に否定するつもりではないのですが、日本人同士の仲間で過ごすのも本人にとって有意義であればOKだと思うし、ドラマだって日本のは面白いし。ただその場の雰囲気がなんと言うか中学生的な集まりみたいな、ただたむろしてる感がいなめなく私にはなじむ事が出来ませんでした。

もうこの人達に合うことは無いだろうというのが正直な私の感想だったのですが、縁とは不思議な物です。その中の1人が今の旦那様のヒロです(^^;



本当に不思議な物でいつのまにか晩酌をする仲になっていました(もちろん友人として)特別な感情を抱く訳でもなく仲の良い飲み友達でしたが、ある時ふと居心地の良さに気づきました、なんと言うかイメージ的に言うと、自分の隣に場所を空けてココだよココに居ればいいよ、みたいな私の居場所を常に作っておいてくれているようなそんな感覚でした。

彼が日に日に私に対して好意を寄せてくれるのが分りましたが、実は私にはその時日本に彼氏が居て、帰りを待っていてくれたので複雑な心境のまま、ただ彼の奥に在る純粋さにひかれ始めていた気がします。また素で居られる自分やそんな私でも受け入れてもらえる事に喜びを感じていたような気がします。今まで付き合ってきた人の前では、どこかカッコつけている自分が居て又、どこか線を引いていたのかもしれません。

帰る日が来て、彼はまるで捨てられた子犬のようで、後ろ髪を引かれましたが、一度帰ると決めてたので、どんな理由でもとりあえず帰るという姿勢を私は崩しませんでした。彼とは中途半端な関係のまま帰国なのですが、実際私には待っている彼氏もいましたし、正直彼に対する気持ちもはっきりせず、まずは自分の気持ちをちゃんと考えてみようと思ったのです、、、、

が、考える必要はありませんでした。なぜなら日本に着いたとたん引き換えしてアメリカに戻りたくなったのです(笑)

自分の事なのに自分の気持ちに気づくのはナカナカ難しいものですね。頭の中で考えている事よりも体の方が欲求に自然と反応するなんて。



ともかくそれから日本とアメリカという超遠距離恋愛がスタート。

日本とアメリカを往復する日々が始まりました、そうこうしている間に自然と心の中に彼との人生を考える自分が居ました。とてもそれはナチュラルに自分の中に芽生えたような気がします。思うに「結婚とは?」なんて元から悩む必要が無かったのです、そういう相手に出会えれば自然と湧き上がってくる思いだったんだと、多分他の人に比べてかなりの遠回りでしたが答えを何とか私なりにつかむ事が出来ました。



そもそも適齢期なんていう言葉があるから余計に悩んでしまうんでは無いでしょうか、人によっては10代でパートナーだと思える人に出会える人もいると思うし、40代になってから、やっとめぐり会える人だっていると思います。

よく言われる日本人は世間体を気にするという事が結局、私にも当てはまっていた気がします。自分の見栄やプライドを少なからず相手に求めていた所が有り、自分の心や相手の姿を曇らせていたんではと思います。そういう意味で彼との出会いが私にとって非日常(生活圏でない所)だったというのが良かったと思います。これが日本での出会いだったら同じ結果だったかは正直わかりません。


[PR]
by NICONF90 | 2004-07-28 12:34 | 雑記帳-ヒトリゴト-
<< なんで結婚したのか part2 心の傷トラウマ >>