懲りずに事件発生(バカなので飛ばしてくれてOKです)

うっかり手が滑って洗濯バサミでヒロリンの首をはさんだ私。
痛みと怒りでタンスを殴ったヒロリン。
タンスに穴が空きました(査定価値がまた下がった・・・・)

旦那:「いてぇ---------------!!!!」
私  :「・・・・・・・・自業自得?」

うずくまるヒロリン、そんなに痛いのか?
洗濯バサミ?タンス?・・・タンスらしい・・ハァ=3

私  :「大丈夫?」
旦那:「・・・・・・・・イタイ。」
私  :「そんなに痛いの?」
旦那:「・・・・・・・・涙出てきた。」

・・・・・・・・バカだ。
タンスを殴れば痛いのはあたりまえだろう、
そして追撃、
寝転がってるヒロリンを見つけた子供たちは目を輝かせながら
ヒロリンに攻撃開始。そして止めない私。

旦那:「ニコ~~!た・・・たすけてくれぇぇぇぇぇ」

(*≧m≦*)プッ!

私  :「骨でも折れたとか? ( ̄m ̄〃)ウププ」
旦那:「お前、反省は無いのか?元はと言えば、お前の悪ふざけが原因なんだぞ。」
私  :「えー。だって首はちょっと赤くなってるだけだし、タンス殴ったのは自分でしょ?」
旦那:「(#゚Д゚)!
私  :「痛かったら、怒らないで素直に痛がってればいいのに。」
旦那:「(#゚Д゚)!
私  :「しょうがないなぁ~、病院行ってレントゲン撮ってみる?」
旦那:「四の五の言わず連れて行け

グローブみたいに腫れあがった手はさすがにヤバイのかもしれないし。
でもこれで、ただの捻挫とかだったら、なぜか恥かしい気がするのは私だけなのだろうか。
突き指でした。とか、その方がいいはずなのに
「捻挫くらいで、大騒ぎしてるわ、あの夫婦。」って幻聴が聞こえる。

いやまて、ゆーきだって1歳の時、たかだか30㌢落としただけで
足を骨折したじゃぁないか。(落とすな!)
30㌢ですよ!(だから落とすな!)
大泣きしている息子、まさか骨が折れてるとは思わず、そのまま次の日を迎えた私。
そして朝、いつも歩いてやってくる息子が、
這いつくばって足を引きずってやってきた時は
あまりの光景に心臓止まると思った。マジで。
髪を振り乱して病院に駆け込んだのも、もう過去の話。

もしもって事もあるかもしれないし。

旦那:「4時半から手術だって。」
私  :「はぁ?!」
旦那:「折れてた、しかも骨曲がってた。」

手術?マジですか!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いくらかかるの?
ってちが-------------------う!
普段の習性がうっかり出てしまった。違うのよ、手術って
ヒロリンの仕事はプログラマーなのよ、手が動かなかったらどうするの?どうなるの?

困るよね。

イヤ、マジに困るよね。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

明日からヒロリンお仕事お休みです。

来月からの生活に不安を抱きながらも
(抱くどころじゃぁないだろ!と誰かつっこんで゚( ゚ノД`゚)゚)
どうにも出来ません。
とりあえず、今日はステーキを食べます。
?なぜなら、明日への活力をつけるのです!

ファイトォォォォ--------私!


余談:
先生:「どうしてこうなったの?」
旦那:「タ・・・・・タンスを殴っちゃって。」
先生:「ぶはぁっはっぁっはぁはぁぁぁ!!(*≧m≦*)ノバシバシ」

笑いすぎです先生。


平安な生活を送りたい私に今日も一票宜しくお願いします。 to Blog Ranking

[PR]
by niconf90 | 2004-09-06 09:25 | 主婦的事件簿
<< 懲りずに事件発生 ヒロ追記バージョン 舅と姑がやって来た その2 >>