甘い罠
ある千葉のモールでの事、

A子:「すみませんちょっといいですか?」

この手の類いは私的にはNGで、いつもは無視決定なのですが、その後の言葉に
反応してしまいました。

A子:「お子さん可愛いですね。私はキッズモデルクラブの者なんですが。」

えっ・・・ドキドキドキ
私も所詮、親ばか。息子が可愛いといわれれば、怪しいと思った人物にさえ、極上の
笑顔を見せてしまう。
そう、、息子は可愛いのだ!前も地域版の新聞(?)に道で声を掛けられて
親子2人で掲載された事や、某有名キャラクターのでる知育ビデオにも写真が載っている。

それくらいがなんだと言われる人もいるかもしれないが、親ばかまっしぐらの私には
全く聞こえない。

A子:「息子さんどこかの事務所に所属していますか?」
私 :「してませんが。」
A子:「じゃぁうちの事務所の方に息子さんどうですか?」

心躍ってしまう私、でもこんな所で心躍ってる場合じゃない、そうそこまで馬鹿じゃないのよ。

私 :「特に考えてないんですが。」
A子:「不安に思われる方も居ると思いますが、ちゃんとしたモデルクラブですから」

そういってパンフレットを広げて見せるA子、確かにちゃんとしてそうだけど、
調べてみないとなんともいえない、でももし良い所だったら・・・・・
入れてしまうかも知れない自分が少し怖い。

私 :「少し考えさせてください。」
A子:「分かりました。お返事待っています。本当にお子さん可愛いので宜しくお願いします。」

A子が消えるまで平静さを装うヒロリンと私、A子が視界から消えた瞬間

旦那:「すげーなー」
私  :「聞いた?可愛いって、やっぱりゆーき可愛いいよね♪」
旦那:「親ばかの自分達以外から見ても、やっぱりゆーきは可愛いんだねっ」
私  :「どうする?入れちゃう?」
旦那:「だねだねww]

ヒートアップするヒロリンと私、当事者のゆーきの事なんて全くお構いなしに
話は進んでいく、当の本人は、トーマスの電車に夢中だ。
そう、幼児が進んでモデルクラブに入りたいなんて、自分で言う話なんて聞いた事がない
これはあくまで親のエゴなのだ、他人に可愛い自分の子供を見せびらかす為の
ゆーきにしてみれば、「モデル?それって食べ物?」のレベルである。
でもこの世の中に、可愛い我が子を公然と認めてくれる、そんなチャンスを逃す親が
一体どの位いるのであろうか。

でもそのウキウキ気分は長くは続かなかった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パソコンで検索を掛けてみると、出るわ出るわ、悪い評判。
モデル登録料や写真代などなど、初期費用に数万円かかるらしい
仕事がないわけじゃないけど、登録するだけじゃ仕事はないとの事。
そっかぁ、、、そんなに上手い話はないのね。と正直ガックリした私達。

私的には、スカウトっていうのは是非この子にと、お金は相手が出す物と
考えているので、お願いされてお金を払うなんて豪語同断。
それはスカウトじゃなくて、キャッチに近いような気がする。
可愛い我が子を愛する親の気持ちをもてあそぶ悪徳モデルクラブの甘い罠、と
すでに私の中ではキャッチコピーまで出来てしまった。

もちろん後日お断りのお電話を入れました。

ゆーきにとっては、そんな所に放り込まれなくてよかったんだと思うけど、
けど、残念だなぁ~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親ばかちゃんは押してね♪ to Blog Ranking

[PR]
by NICONF90 | 2004-07-31 00:54 | 主婦的事件簿
<< 子育ては忍耐だ 空の青さが目にしみる >>