付き合い切れませんよ、ホント。
ヒロリンの運の無さに呆れた( ̄、 ̄;)ボー

今日はヒロリンの入院の手続きをしに朝から病院へ急いだ。
担当だか、世話をしてくれると言う話の篠原(呼び捨てで十分)
なぜにあなたはお馬鹿さんなのですか?




火曜日が手術だが前日が祭日の為、入院手続きのみ今日行い、外泊届を出すと言う形で月曜日に
戻ってきて欲しいと云う話

婦長さんが来られて、話を聞いてくれる。
とても感じが良く安心して任せられるなと思ったその時篠原は現れた。
外泊届を持ってきた篠原。

私  :「月曜日は夜ご飯を家で食べても大丈夫ですか?」

外泊届の時間を記載するのに、手術前夜食事は大丈夫なのか確認しようとした私。

篠原:「えっ?月曜日は午前中には来てください。」
私  :「??・・・先生は夜に来てくれれば良いと言ってましたけど?」
篠原:「じゃぁお昼頃に来てください。」
私  :「だから、夜で良いと言われたので食事の事を聞きたいんですが?」
篠原:「夜ですかぁ・・・じゃぁ3時・・イヤ2時には来てくださいね。」
私  :「(゚Д゚)!!

あっけに取られるヒロリンと私。
どうして夜と言っているのに、真昼間の2時にこなくてはいけないのか?
手術と言っても所詮手の骨折だ、本人は至って元気なのに、長い時間病院に
いるメリットはない、しかも先生からの言われているのに貴方は何様ですか?
何度も先生に言われている旨を伝え、やっとじゃぁ時間は後でいいですと言われる。
もちろん、後で先生には病院がしまる20時で良いと言われたが・・・

不吉だ、不吉。
こんな女で大丈夫か?

パッチテストをすると再度やって来た篠原。
嫌な予感がよぎる、ヒロリンを見るとどうやら同じ気持ちらしく微妙な表情を見せていた。
パッチテストを受けた事がある人なら分かるだろう、チクッと微量の薬を皮下に入れ
アレルギー反応を見るテストだ、微量だからチクッと刺した所で皮下で腫れるのは1㍉か2㍉が普通だ。

篠原薬を入れる・・・入れる・・・入れる・・・・

オイ待てよ!

ヒロリンの腕に1.7㌢サイズの小山が出来る。お前、薬の入れすぎだろ!
次々と出来上がる、デカイ小山達がヒロリンの腕に縦に一列に並んでいる。

篠原:「じゃぁこのまま15分待ってくださいね。」
旦那:「・・・・・・・・・・はい。」

ほっといてくれればいいものを篠原、やっと注射した量が多かった事に気づいたのか
グイグイ、注射の跡を押して薬を出そうとする。

旦那:「(;゚Д゚)イ・・イタイ」

見ているほうも、ダンダン可哀想に思えてくるが、篠原に止める気配はない。

篠原:「アレ?旦那さんアルコールアレルギーはありますか?」

あるわけないだろ!
(ちなみに篠原が言っているアルコールアレルギーとは、要は腕を注射前に消毒した脱脂綿
に含まれているアルコールに反応しますか?という意味だ。)
今、お前がグイグイ押したりいじってるから赤くなってるんだよ!
テストのはずが、篠原がパッチテスト周辺をイジリ回したお陰で、結果なんて分かったもんじゃない。

篠原:「ちょっと手を見せてもらってもいいですか?」
旦那:「はい、どうぞ。」

ヒロリンの痛い、痛い小指を容赦なく握る篠原。

篠原:「痛いですか?」

Σ( ̄□ ̄;)あ・・あたりまえだろ。

篠原:「どこが痛いんですか?」
旦那:「えっ・・・小指と薬指の所が痛いです。」

篠原:「何で痛いんですか?
私  :「(゚Д゚)!!
旦那:「(゚Д゚)!!

バカか?お前は!!!!!
何で?ってなんだよ。

篠原:「そうだ!毛生えてますか?」
旦那:「?」
私  :「毛ってアソコの毛ですか?」

相変わらず言ってる事が分からない篠原にムカツイタので小さく反撃してみる。

篠原:「背中の毛です。」
旦那:「???普通に生えてますけど。」

背中に毛が生えていないヤツはいるのか?聞くことか??

篠原:「じゃぁ、背中と腕の毛をそりますね。」

!!!???なんでだコラ!説明しろよ、意味わかんねーよ。

私  :「なんでですか?しかも今日は手続きのみって話なのに??」
篠原:「手術中、背中から随時痛み止めを入れるので。」

はい?!はい?!はぁぁい???!!!

聞いてないけど、何の話や。

私  :「先生から聞いてませんけど、それに手の骨折ですけど??」

もちろん毛そりを拒否するヒロリンと私。
面倒くさそうに、「じゃぁ後で」と篠原引くも、後でじゃないだろ。
お前が先生か?と誰か言ってあげて欲しい。
勿論、先生からそんな事はしないので毛を剃る必要は無いと言われました。

篠原:「入院に必要なタオルとか持ってきましたか?」
私  :「持って来ましたけど、T字体とか、パジャマとかは月曜日に持ってこよう
   と思ってます。」
篠原:「下の売店で売っているんで今、買ってきて下さい。」

(゚Д゚)!!お前は本当に何様なのか。今必要ないものを病院と言う高い所でなんで
買わなきゃいけないのか?

私  :「月曜日に持ってきますから。」
篠原:「エェ---」

エーーってなんだよ。婦長さんもそれで良いって話だったのにお前の都合に患者は皆
あわせなきゃいけないのか?
彼女の事を考えると、頭に???しか思い浮かばない。疲れてきたが
お昼になり、レントゲンと心電図を取るといわれた私達もお昼ご飯だ。

篠原:「昼食でますけど、どうしますか?」
旦那:「イヤ、いいです。妻と二人で外で食べてきますから。」
篠原:「えっ?レントゲンと心電図があるので居てください。」
私  :「12時から1時はやってませんよね?」
篠原:「いつ呼ばれるか分からないので居てください(断言)」
私  :「・・・じゃぁ昼食頂きます。」
篠原:「1人分しか出ませんけど?

(゚Д゚)!!分かってるよ!

本当に篠原はバカだ。バカだ。バカだ。
結局レントゲンに呼ばれたのは14時。
2時間もヒロリンと私はボーーーーーーっと待たされた。

私  :「レントゲンと心電図は12時から13時の間ってやってたんですか?」

他の看護婦に聞いてみる。もちろんNOだ。やってるわけがない。
うんざりするヒロリンと私。
後は先生の診察のみとなり、そろそろ預けてきた子供たちが気になる時間だ。
まっても一向に来ない先生。
もちろん先生は忙しいのですぐには来れないのは重々承知だ。
でも子供たちに連絡もしたいので、ナースセンターにどの位で先生が来られるのか聞きに言ってみた。

私   :「すみません、だいたいで良いんですが、後どの位で先生って来られますか?」
看護婦:「先生は忙しいんですよ!外来もあるし、いつ来られるかなんて分かる訳ないでしょ!」

年は私くらいか、いきなりこう言われた。
あの~だいたいって聞いただけなのに、なんで怒られなきゃいけないんだ?!
しかもあの言い方、表情、どれをとってもスペシャルムカツク。

私   :「だいたいの時間を聞きたかっただけなんですけど。」
看護婦:「急ぐ理由があるの?」
私   :「子供を預けてるんで、時間の連絡したいと思ったんです。」
看護婦:「奥さんは帰ればいいでしょ?ひとりで帰れない年でもあるまいし!」
私   :「(゚Д゚)!!」

なんだこの看護婦は??!!
なんでお前にそんなに偉そうにのたまわれなきゃいけないんだ?!
時間を聞いちゃいけないのか?誰も帰る帰らないの話なんてしてないだろ。
あの目、あの態度、あの言い方。
どれをとってもウルトラスペシャルムカツク。

なんで今日に限ってこんなにイヤなヤツにばかり会うんだ??
なんて運がないヒロリン。こんな所に入院するのか・・・・

この病院は先生の腕がいい。看護婦もいい人が沢山います。のに・・・・のに・・・・・(涙

やっと病院を出たのは16時半だった。
家に帰ると電話が掛かってきた。そしてイキナリこれだ。

篠原:「旦那さん歯はとれますか?」

・・・・・・・・・・はい?誰だお前?歯ってなんだ?

私  :「あの、まずお名前をいいですか?」
篠原:「あっ、花○病院の篠原です。」
私  :「篠原さん、先ほどはお世話になりました。」先に名前なのれよ、お前は小学生か?
篠原:「で、旦那さん歯は取れますか?」

篠原の言わんとする事が全く見えない、っていうか何それ?
篠原の事だ、手術には全く関係ないことかもしれない。

私  :「歯が取れるって?・・・・あの、手術に関係ある話ですか?」
篠原:「はい、歯はとれますか?」

コレって、入れ歯ですか?って事なのか?それ以外って歯は取れないよねぇ・・・

私  :「歯は取れませんけど・・・・」
篠原:「そうですか、分かりました。」

イヤ、こっちが分かんないから。
もう突っ込む事も疲れました_| ̄|○|||ガク-

なんでしょ?なんなんでしょ?
ヒロリンの運が悪いのでしょうか?
数日でも彼女と付き合うのかと思うと今からドットつかれが出ます。
もう篠原ネタは多すぎて書ききれません。
書いてるうちに眠いしムカツクしでなに何かいてるのか段々分からなくなってきました(笑
こんな所まで読んでくれた人。ありがとう。
そして一言。

言いたい事はハッキリ言わないと、命が危ないぞ!
と言いたい。


余談:診察した時、ヒロリンの腕からとった包帯は看護婦が巻きなおすのがふつうだが、
   包帯を巻けなかった彼女。仕方なく先生が巻いてくれた。(;一一)


同情してくれた人は投票ヨロシク to Blog Ranking

[PR]
by niconf90 | 2004-09-19 05:35 | サクっと日記
<< ブログランキングって色々あるねぇ パチンコ大好き♪ >>