姑よ、ぬくもりが欲しいです。
ゆーきがまだ11ヶ月頃、寒さが身にしみる11月。
息子を見せに舅姑の所に行った時の話。

家は絨毯をひいている部屋は無く、全部がフロリーング、床暖房無しだ。
椅子は全て木で出来ていて、勿論クッションや座布団無し。

寒い。今日は何度なんだろう?
まだ歩く事の出来ない息子も寒かろう。
しかも家の中だと云うのに目に入る物全てが寒そうだ

私  :「お義母さん、寒くないですか?」
義母:「えっ?全然寒くないけど?」

やっぱり、普通に話しても遠まわしじゃ伝わらなかった。
「寒くないですか?」→「私は寒い」だったんだけどねぇ~

私  :「私なんて、朝起きたら12度とか、すごーく寒くてすぐにストーブ点けるんですよ~。」
義母:「えぇぇ!12度なんて暖かいじゃない?ウチは暖房は使わないわね。」

えぇぇぇぇ!こっちこそビックリだ。12度でも暖房NGですか!
いや、むりだから、家中木のぬくもりどころか、木が寒々しい雰囲気を更にかもし出しているから
-2度は寒く感じるこの家で、何を頼りに過ごせばいいというのか。

しかも驚く無かれ。
姑の家にはテレビが無い。
もう一度言おう

テレビが無いんだぁぁぁぁぁ!!

テレビ無いって寂しいよね、現代人の必需品よね。
見なくても付けちゃう習慣みたいなもの??

私  :「お義母さん、なんでテレビないんですか?」
義母:「だってお父さん、テレビばっかり見ちゃうから。」

・・・・・・イヤそれは普通だろ。ダメなのか?見ちゃダメなのか?
そんな理由なのか・・・・
寒々しい部屋に、途切れ途切れ聞こえるラジオの音。

寒い。なんか心まで寒くなってきた。



私  :「なんか食べ物頂いてもいいですか?」
義母:「好きにしていいよ~」

何か食べてエネルギー補給しなければ!

ガチャ
(冷蔵庫を開ける)



・・・・・・・・(-。-;)lll

水とジャム・・・・かろうじて卵しか無い・・・・・・・

涙が出てきた。
目的としてた、野菜も肉もつまむ物もなーんも無いじゃん。
なんだ?賞味期限切れの卵にジャムを溶かして食べろって事か?

(ノTДT)ノ オオオオォォォォォォ-

だめだ、このままじゃぁ身が危ない。

私  :「お義母さん。暖房点けて下さい。」
義母:「えっ?寒い?」
私  :「寒いです(断言)」

納得がいかない顔の姑

私  :「寒いんです(断言)」


じょわじょわじょわぁぁぁ~~

あー、体が解凍されていく~
ストーブの前にヒロリンと私とゆーきが団子のように塊ながら
小さい幸せを感じる。

旦那:「あったかいね^^」
私  :「あったかいね^^」

義母:「あつくない?」

ダァ------!!



この日を境に食べ物など買い込んでからいく事にしています。それこそキャンプにでも行かの如く
今日も投票宜しくお願いします。
 to Blog Ranking
余力がある人はコッチもポチッと投票してくれると嬉しいです♪
日記ブログランキング

[PR]
by niconf90 | 2004-09-26 10:31 | 主婦的事件簿
<< もう眠いです、でも日記くらいか... 出会い系でもイケメンはいた(経験談) >>