赤坂の料亭でのぼやき(若き日がなつかしいねぇ)
独身の頃、大好きラブな着物が着れると言う理由だけで、赤坂の料亭でバイトをした事がある。
来るのは殆ど官僚ばかりのお店で芸者さんや接待の女の子などが沢山いる。

私はお運びさんですヽ( ´ー`)ノ接客じゃぁありません。
っていっても、みんな振袖着用で、髪結いの方に髪を結ってもらい髪飾りをつけて、
メイクさんに化粧バリバリしてもらうの(*´∀`)シアワセ--

源氏名まで付ける。
私の源氏名は・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・


玉子(-。-;ボソ


あははっはははっはは~♪

お客:「玉子ちゃん、こっち来てよ。」

はぁい~~?嫌なこった!

私  :「すみません、仕事があるもので(営業スマイル)」
お客:「冷たいなぁたまには酌でもして欲しいなぁ。」
私  :「あはは♪( ̄Д ̄)(営業スマイル)」

税金がこんな所で使われてるんですよ、一人一番安いので5万円、
もちろんそんな一番安いコースを頼む奴はやって来ない店だ。
お店にやって来る客に女の子全員(私も)で左右に一列に並び、それこそ
大奥にでもやって来る殿様ばりに

いらっしゃいませぇ~
(そういえば大奥が10月7日から始まりましたね。)

・・・・・・・ハァ~・・・
私とヒロリンの涙のマニーがそんな事に使われてるんです。

あの頃の私は大好きなきものが着れて、しかも時給2500円に大満足だったけど
若かったのね。
気づかなかったよ、時給の出所が税金だったなんて。
5万あったら米が何㌔買えるんだかね。


1ヶ月の着物作法を勉強したのに2ヶ月しか働かなかった、エロおやじにうんざり。人の税金で飲んで食べてエロエロは大問題だと思う私。 to Blog Ranking

[PR]
by niconf90 | 2004-10-29 22:38 | 主婦のぼやき
<< 孤独な戦い~納豆編~ 泥棒八百屋 >>